忍者ブログ
2012年に訪れた ベトナム ホーチミン ハノイの旅行記です 現地の人々 生活を写真と 文章で綴ります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ベトナムといえば フランスの植民地時代があった影響で






フランスの香り漂う建物が多くあったり

(これは「インドシナ」の映画の舞台になった
                 コンチネンタルホテル)




そして ↓この写真はハノイにある一柱寺(いっちゅうじ)

前記事で紹介したように

ここにも中国の影響である龍が乗っています








↓ これはフエにあるカイディン帝のお墓




ちょっと見にくいですが ↑ お墓の入り口には王様を守る兵隊の

銅像がいっぱいあります

そのお墓の建物の壁には縦に漢字がずらり。







これも中国の影響。

このお寺の中には金色に輝く仏像がいくつかあり

本堂ではお経をあげるお坊さんの姿が見られることもあります

日本よりも厳しい戒律を守る仏教徒さんたちの目の前で

ニッコリ微笑んでいる金色に輝く仏像

その上には見るからにいかめしい漢字が並ぶ








そのアンバランスさがいかにも

ベトナムらしい と思えるティエンムー寺でした
     
                         水野晴郎か・・・

おしまい




1986年 3月 ベトナム

いつも オープンコメント&非公開拍手コメントありがとうございます^^


       
        にほんブログ村



可愛いボンちゃんのブログ  うちのボン もよろしくね  


    ボンちゃんも見てくだしゃいね     

拍手[12回]

PR


クネクネのハイバン峠を越えて 


古都フエに到着
(古都フエは日本の京都に例えられます)

ここはグエン王朝の王宮

*グエン王朝=
   1802年から1945年まで続いたベトナム最後の王朝

             





ベトナムでは行く先々で子どもに囲まれたけれど

ここには子どもは一人もいない
(王宮の建物の周りには子どもはいたが
 王宮の中に入るにはお金がいるから 子どもはいない)


そんななか 近くを歩いていた若い2人のベトナム人
(たぶん観光中)


おもむろに近づいてきて 一言






「撮って」


で 撮った写真 ↑

でも ただの 写ルンです なので撮った写真を

渡せるわけもなく ほんとにただ撮っただけ。


今まで 子どもがいる所では大人に 「撮って」

って 言われたことは一度もなかったそう。
(子どもの目があるから恥ずかしくて言えなかったのかな)

それくらい写真というものが珍しい時代だったそう。






ベトナムといえば ラクガキで有名ですが
(世界遺産にも ハートマーク付きのカップルの名前が
いっぱいラクガキされています)

ここにもやっぱりありました

壁に書かれた

「記念」 

という文字






日付を見ると 1986年2月23日

写真を撮ったのは 同年3月なので書かれたばかりの

ホヤホヤでした。



おしまい


1986年 3月 ベトナム

いつも オープンコメント&非公開拍手コメントありがとうございます^^


       
        にほんブログ村



可愛いボンちゃんのブログ  うちのボン もよろしくね  


    ボンちゃんも見てくだしゃいね     

拍手[6回]

HOME |
プロフィール
HN:
にゃうわん
性別:
非公開
応援よろしくお願いします
つぶやき
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
最新CM
[12/06 Thinh]
[10/09 Sabimama]
[08/05 Sabimama]
[06/02 Sabimama]
[04/10 Sabimama]
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]