忍者ブログ
2012年に訪れた ベトナム ホーチミン ハノイの旅行記です 現地の人々 生活を写真と 文章で綴ります

前回のコメントのお返事

ベトナムに何度も行っておられるのに お休みだったり・・で
中に入れない~  いろいろ周った中でここが一番自由な感じがしました
早めに終わってしまったり。。なので 何度ベトナムに行っても
ここはまだ行ったことがないというのはすごく分かります。
私たちは場所が分からず ガードマンさんに聞いたら
すごく親切に違う場所を教えていだだき も一度軍隊の人に聞いたら
正しい場所を教えてくださいました。 なので入れたのは入れたのですが
なかなかたどり着けなかった場所です。


「戦争の恐怖」




この写真を目にしたことがある方は

少なからずいらっしゃるのではないでしょうか


1972年 6月8日 この写真の女の子 キム フックさんが住んでいた
チャンバンに南ベトナム軍 北ベトナム軍が交戦し
南ベトナム軍が投下したナパーム弾の襲撃を受けた時の写真
ピューリッツァ賞受賞作品(1973年)です

ファン ティ キム フックさん(1962年4月2日生まれ)は

その後 キム財団を創設され カナダ・ヨーク大学名誉法学博士 

ユネスコの親善大使を務めておられます

2013年春 名古屋 東京 福岡で講演もされておられます





日本語のリーフレットもあります




チケット代は日本円で 約75円(2012秋)




ここ戦争証跡博物館には 戦場カメラマンが命をかけて撮った写真が

多数展示されています





枯葉剤の犠牲者となったベトちゃん ドクちゃん




戦争が終わって40年くらい 枯葉剤の処理は


3年前始まったばかり。




毒ガス用マスク





この時に生まれたベトナム人とアメリカ人の子どもたちは

ブイドイ 靴の底のゴミ と呼ばれています






この人たちは現在40代半ば  

その1割がアメリカに渡ったと言われています





ギロチン処刑台

アメリカ兵が死体を引きずっている写真





思わず目を背けたくなる写真がたくさんあります

目の前で 無駄な殺し合いをしているのも人間

そして この事実を残そうと 命をかけて写真を撮っているのも人間





戦争証跡博物館を見て回るには 2時間はしっかり必要

そんな場所 (エアコンは展示物のあるところのみ効いています)


かなり重い写真や戦争で使われていた物が多数並ぶ

個人的にですが たくさん見て回った博物館の中で

一番 「戦争」  「命」 ということを考えさせられた

そんな場所でした。





お墓の前で 武器を持つ小さな男の子






きっと いつか


世界が一つになりますように

という願いを込めて。

2012.9.27訪問



いつも オープンコメント&非公開拍手コメントありがとうございます^^


       
        にほんブログ村


可愛いボンちゃんのブログ  うちのボン もよろしくね  


    ボンちゃんも見てくだしゃいね     

拍手[19回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
命の大切さや
平和を願う意味を
世界中の皆で分かり合える
そんな世界にいつか
きっときっとなって欲しいですね。
Posted by はっぴぃママ 2015.03.28 Sat 05:59 編集
プロフィール
HN:
にゃうわん
性別:
非公開
応援よろしくお願いします
つぶやき
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
最新CM
[12/06 Thinh]
[10/09 Sabimama]
[08/05 Sabimama]
[06/02 Sabimama]
[04/10 Sabimama]
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]