忍者ブログ
2012年に訪れた ベトナム ホーチミン ハノイの旅行記です 現地の人々 生活を写真と 文章で綴ります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回コメントを下さったCatch the Web Asia の 茂木慎太郎様

コメント欄にお返事書かせていただきました ありがとうございました


さて ホーチミン作戦博物館のまとめです

入口で係りのお姉さん二人からこんなのを受け取ります




中身はすべて英語

入場料金は2012年当時 10000VND なので 50円




訪れた時は 私たち以外にはだれもいませんでした

1時間もあれば しっかり見れる広さです




閉館ギリギリまでいると 入口 ↓ が 

閉められていることもあるらしく




その場合は裏から出られるそうです


ここは 当時の新聞とか





旧南ベトナム大統領が官邸を去る時の様子が人形で再現されていたり




共産圏とあって 旧ソ連製のものがたくさん展示されていたり





これはホーチミンの自筆だったかな??




B52の爆撃機の残骸など




戦争の生々しさが目の前に迫ってくる場所




貴重なものがたくさん展示されているのですが

ほったらかし状態 「どうぞどうぞご自由に。・」といった感じで

戦争の重さを十分感じられる場所です






一歩外に出ると 




ミサイルのすぐ前には 白亜の建物

これは結婚式場だったかな?



たくさんの命が無駄に消えた戦争

敵国を憎む 敵人を憎むことは簡単かもしれませんが

ベトナム人は その感情をバネにして

憎しみと 感情は別にし

常に前を向いて一生懸命生きている


爆撃されたヘリと白亜の建物が共存しているこの場にたって

そんなことを思いました





いろんな湧き出てくる感情は そっと置いておいて

戦争という事実は記録に残して。  

2012.9.27訪問




いつも オープンコメント&非公開拍手コメントありがとうございます^^


       
        にほんブログ村



可愛いボンちゃんのブログ  うちのボン もよろしくね  


    ボンちゃんも見てくだしゃいね     







拍手[14回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
べとナム戦争
これは、中国・ロシアとアメリカの戦争、とも言えますね。 韓国もアメリカに参戦したけれど・・

ベトナム人は、こんな大きな戦争にせずとも、北と南で少しずつ解決できたんじゃないかな、と思います。
よその国が煽り立てたから・・

作戦博物館は、いつ行ってもタイミング悪くお昼休みだったり、事情もわからず休館だったり・・
つぎに 行くときは、ぜひ訪れてみたいと思います♪
Posted by クッキー 2015.03.17 Tue 19:23 編集
プロフィール
HN:
にゃうわん
性別:
非公開
応援よろしくお願いします
つぶやき
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
最新CM
[12/06 Thinh]
[10/09 Sabimama]
[08/05 Sabimama]
[06/02 Sabimama]
[04/10 Sabimama]
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]