忍者ブログ
2012年に訪れた ベトナム ホーチミン ハノイの旅行記です 現地の人々 生活を写真と 文章で綴ります
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1989年 大量のボートピープルが西日本各地に


次から次へと漂着した

当時マスコミでも大きなニュースとして頻繁に取り上げられた



地図の中央右横の赤い長細いのがベトナム
(この写真はハノイの博物館で撮ったそうです)

日本までは直線距離でおよそ3500キロ


この距離を前回の記事に書いたように命がけで

ボートに乗って渡ってきた







某国営放送に勤めていた友達から ボートピープルの

通訳として取材同行を求められた同居人



「で 行ったの? 」 と聞くと

「メンドクサかったから 行かなかったの」 と。


その代りに ベトナム語学科の後輩の学生を同居人が紹介し

彼が実際に某国営放送のディレクターと一緒に

西日本各地に通訳として取材に行きました







おそらく ディレクターは 


ベトナムのどこからどれくらいかけてやってきたのか

ベトナムでは何をしていたのか

日本では何をしたいのか  などなど


を聴きたかったはず


テレビの取材ということで 

かなり内容の濃い話が聞けただろうと思い


後々 ベトナム研究第一人者であり 同居人の恩師である

冨田健次先生にその様子を聴きに行ったところ



「まったくベトナム語が通じなかった  」



と 肩を落として帰ってきたらしい。


通訳として行った彼はそこそこベトナム語が話せる

なのにベトナム語が 「全く通じなかった」 とは。


その時に頭に浮かんだ理由としては




ベトナム語にも方言があるので 地方出身者が多かった とか

少数民族でそもそもベトナム語を話さない とか
(ほんとにそういう人がいるそうです)




しかし 前記事にも書いたように難民はインテリや富裕層が多い

なので たとえ北の標準語であったとしても

ベトナム語が通じない訳がない (難民=旧南ベトナム)



おかしいおかしいと思い続け ようやく

あとでニュースで分かったことだが

この大量の難民たち 

実は全員








ベトナム人のフリをした中国人の偽装難民だった。
(中国人は難民扱いされないため)


確かに ↑ 黄色人種でベトナムの三角笠をかぶっていたら

誰でもベトナム人に見えるかな。


でもなんで 一言もベトナム語を話さない時点で
「この人たちはベトナム人じゃない 」って後輩ちゃん
気づかなかったのかな?


おしまい


1986年 3月 ベトナム

いつも オープンコメント&非公開拍手コメントありがとうございます^^


       
        にほんブログ村



可愛いボンちゃんのブログ  うちのボン もよろしくね  


    ボンちゃんも見てくだしゃいね     


拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
さすがK氏の後輩さんです。
読んでる私がハラハラしました。
K氏が行ってたらどうしただろうか?
頭が真っ白になるので、考えるのはやめよう。
とにかく、さすが・・・としか言えませんね。
Posted by Sabimama URL 2015.11.02 Mon 18:46 編集
プロフィール
HN:
にゃうわん
性別:
非公開
応援よろしくお願いします
つぶやき
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
最新CM
[12/06 Thinh]
[10/09 Sabimama]
[08/05 Sabimama]
[06/02 Sabimama]
[04/10 Sabimama]
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]