忍者ブログ
2012年に訪れた ベトナム ホーチミン ハノイの旅行記です 現地の人々 生活を写真と 文章で綴ります

国の為に闘ったが


帰国したら白い目で見られた

  ・・省略・・

顔さえ効かせば

暮しも楽だよ

何も信じない限り
・・・
名はブイ・ドイ

地獄で生まれたゴミクズ

我々のすべての罪の証拠だ

忘れない

彼らはみんな我らの子


この衝撃的な言葉に出会ったのが



製作=東宝

「ミス・サイゴン」の日本初演の舞台でした (帝国劇場)


その後 何度か再演されている作品ですが 

2012.2013年版のプログラムをパラパラめくっていると

分厚いプログラムの中 パッと目に飛び込んできた箇所がありました





小さく載せますが 実際の僧侶焼身写真です
戦争関係の博物館では 他の写真と同じく大きく展示されています
これが当時のベトナムの現実です





この文章を書かれた方がとても気になり

ちょっと見てみると。。。





冨田健次 (大阪大学 大学院教授)


と書かれていました

やっぱりぃ~

私 鼻が利く?ので 最初の数行の文章の雰囲気でピーーンときて

同居人に聞くと 思った通り 同居人の恩師の冨田先生でした



冨田先生といえば ベトナム学 第一人者で

あっちこっち講演に行かれたり

ベトナミスト・クラブ

の代表をされておられます

ベトナミスト・クラブ では ベトナミスト・ランゲージ・コース

というのがあり ビギナーズから そうでない方まで

ベトナム語を学べ 

同居人が先日 ベトナミストクラブに 冨田先生に会いに行った時も

事務所に入ると 何やらいい香りが~!


にゃんと!

語学教室後 みんなでお鍋を食べておられたそうです^^

皆様もベトナム語と美味しいお料理 いかがでしょ~?


20年くらい前のベトナムの写真 同居人撮影


その冨田先生にお世話になっていた同居人から聞いたエピソード


・冨田 の冨は 富じゃない としょっちゅう言っておられたとか
 

・お引越しの時に 同居人が遅れていき すっかりお引越しは終わっていたのに

 「せっかく来てくれたんだから」

 と お土産をしっかりいただいて 何もせずに帰ったのに

 冨田先生は 

 「来てくれただけで嬉しい」と

 喜んでくださったこととか


   20年くらい前のベトナムの写真 同居人撮影


・同居人がPC98で パソコンに はまっているときに


 「ボクがこういうのをするのは 一番最後だな~」


 とおっしゃった冨田先生
 
 最後どころか いまだにパソコンは使っておられにゃい

 (メールはスタッフの方が代打してくださってます(笑))


 あ。。笑っちゃった^^;  冨田先生失礼しました。

 でも 携帯のメールだけは 教え込まれたので 

「大丈夫 」

だそうです




そして


・あろうことかベトナム戦争中にベトナムに留学された事
 



 20年くらい前のベトナムの写真 同居人撮影


こんな冨田先生ですもの

当時も冨田先生の研究室のドアを開けると

そこにはソファーに座りきれないくらいの学生が溢れており

その奥のほうを よーーーーーく見てみると

ようやくチョコンとデスクに座られた冨田先生が見える

というくらい生徒さんにも大人気。


こんな冨田先生  

今でも 研究室の奥に ゴキブリのように存在しておられるそうです
 (ご本人談)


パソコンはできないけれど ユーモアたっぷりな

冨田先生が代表をされておられる ベトナミスト・クラブ

チラっと覗いてみてくださいませ

そこにはベトナムの活気とあまーい香りが漂ってるかもぉ?



さて 

3日間のホーチミン旅行の記事を 

9か月かけてやっと終えました

戦争関係が多いので 重い内容が多かったのにもかかわらず


・たくさんの楽しくて温かいコメント

・ベトナムに行く予定なので 参考にさせていただきます

・懐かしい写真をありがとうございます


とか たくさんの拍手 応援を本当にありがとうございました


次からは ハノイ編 

その次は 今回の記事でも少し載せましたが

同居人が20年くらい前に訪れたベトナムの写真を

紹介させていただく予定です



住んでいる場所 国 人種なんて関係ない




みんな「幸せ 」になる権利を持って生まれてくるのですもの





ベトナムの人たちの

「これから」



  


笑顔が満ち溢れますように

という願いをこめて。。


あ・・・そうそう ベトナム航空 エコノミークラスの手荷物
重量 にゃんと! 40キロになったそうです(2年前に)
お土産はドドーーーンと! 詳しいことはコチラ 
ベトナミスト・クラブニュース へ!



2012.9.26.27.28 ホーチミン

       
        にほんブログ村



可愛いボンちゃんのブログ  うちのボン もよろしくね  


    ボンちゃんも見てくだしゃいね     



拍手[15回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
先日VietNamからのお客様とお話していたときに、社長は英語がまったくだめなのですが、ベトナム戦後生まれの息子さんがとても流暢な英語を使っていたのをみて、隔世の感を覚えました。時間は確実に流れています。彼らの発展を心から祈ります。
Posted by TORU URL 2013.07.04 Thu 04:19 編集
こんにちわ
ホーチミン記事お疲れさまでした
にゃうわんさんのお気持ちが届きますように。。。
私が行った時はなるべくお洒落な部分を見ていました
子供達の様子は強くて明るく見えました
何も出来ない私なのでそう思いたかったのかな?
にゃうわんさんは隅々まで見ていろんな事を感じていたのですね
ハノイの記事も拝見させて頂きますね
Posted by Coucouのいくこ 2013.07.04 Thu 18:59 編集
無題
にゃるほど!
カプ夫さんがベトナム語に通じておられるのは、素晴らしい恩師が居られたからなんですね。
にゃうわんさんのレポートされた、エネルギーに満ち溢れた、明るい国民性のイメージとは裏腹に、悲しい過去もあるんですね…
ハノイ編も楽しみにしています(゚∀゚*)!
Posted by 蘭丸 URL 2013.07.04 Thu 21:19 編集
無題
そっかっぁ~同居人様の恩師が
ベトナムの第一人者だったのですね。
同居人様とってもベトナム通だったので。
先生の微笑ましいエピソードも素敵ですね。

幸せ、平和
皆に平等に与えられた権利ですよね。
「せーの!」で平和になれたなら
にゃうわんさんの願いと一緒に
わたしも願います。

素敵な記事をありがとうでした。
次も楽しみに読ませて頂きます~☆
Posted by はっぴぃママ 2013.07.04 Thu 22:43 編集
無題
なるほどぉ。。。
と、しみじみ状況を思い浮かべて
ジーンとしました。。。
同居人さんと恩師との出会い、それは
とても素晴らしい出会いでしたね。

ベトナム戦争を知らない私は、
こうしてにゃうわんさんのブログで
感じたことがたくさんあります。
どうもありがとう。
同居人さん、そして冨田先生、
ベトナムの温かい人たち・・・
どうもありがとう。

3日間の旅行を9か月ですか・・・。
すごいな~。
たくさんの気づき、感動、不思議、驚き、
面白さ、人の温かさを、そして戦争の酷さを
紹介してくれたんですね。
内容がぎーっしりでしたね。
ありがとうございました、にゃうわんさん。
Posted by せーの 2013.07.06 Sat 14:16 編集
プロフィール
HN:
にゃうわん
性別:
非公開
応援よろしくお願いします
つぶやき
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
最新CM
[12/06 Thinh]
[10/09 Sabimama]
[08/05 Sabimama]
[06/02 Sabimama]
[04/10 Sabimama]
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]