忍者ブログ
2012年に訪れた ベトナム ホーチミン ハノイの旅行記です 現地の人々 生活を写真と 文章で綴ります
公開コメント 非公開拍手コメントのお返事

ベトナム戦争=アメリカとソ連の代理戦争のようなもの
私も同感です いろんな国に侵略され いいように使われ
枯葉剤の影響で障害をもった子どもがたくさん生まれ
その枯葉剤処理も最近始まったばかり。
戦争という事実を記憶から消さないように町のあちこちに残しながら
感情という形で振り返る事なく 前を向いて生きておられる
この強さはどこからくるのだろう、といつも思います
そしてボンちゃんのブログから来てくださった方 本当にありがとうございます。
過去にベトナム戦争反対デモに参加されたそうですが 
またいろいろ教えてくださいね


さて 2012年秋に行ったベトナム

ベトナムに興味を持ったのは 

帝国劇場でミス・サイゴンの初演を観たのがきっかけ







同居人の恩師が ベトナム学第一人者の 冨田健次先生なのですが

冨田先生が数年前のミス・サイゴンのプログラムにベトナムの事を

書かれておられるのを見つけ ますますベトナムにご縁を感じる






とにかくベトナム戦争の事を知りたい という思いで行ったので

ホーチミン ハノイとも 戦争関係の博物館めぐりが中心

ホーチミンの建物の美しさ






あちこちでフランス風の建物が建築されていたり

(これは1880年に建てられたホテルコンチネンタルサイゴン
映画「インドシナ」の舞台となったホテルです)





建物綺麗~と感動していると

目の前に



  スタンドフラワー運んでます


こんなバイクが現れたり






人間はどこに座るの?

と思えるようなモリモリリヤカー??が現れたり






比較的治安がいいので 夜店も活気があって
(ただし 市場はスリが多いらしいので要注意)

お好み焼き屋さんがあったり






余談ですが ちゃんとオタフクソース 使ってます


ベトナムにシャネルがある

カルティエがある






ヴィトンまで・・・

ぼぉーーっと歩いていたら 銀座にいるかのような感覚に陥るのに






ごちゃごちゃの電線に ここはベトナム と思い出さされたり

いっぱ街歩きを楽しむ


一番 ほぉーーーと思ったのは やはりバイクの数

(ベトナムではバイクはすべて ホンダ と呼ぶそうです
カワサキのバイクでも ホンダ スズキのバイクでも ホンダ)




まだまだエアコンが普及していないベトナムでは

夜バイクで街を走って 涼んでいるそうです

バイクが多いのに 信号がほとんどないので






いろんな方向にみなさんが走っておられます

これも最初はびっくりしますが すぐになれます

バイクラブなので 






雨の日は 二人羽織状態

食べ物も全部おいしくて






大好きになった場所ですが

やはり心にずっと残っているのは この一枚の写真





敵 味方って誰が決めたのか

もし 

目の前の 敵 と言われている人が自分の大事な人だったら・・・



国同士 人同士 みんな仲良く


というのは まだまだ難しい世の中かもしれませんが






人種とか 国とか 関係なく

みんな自分と同じ 一人の人間  という気持ちで見れたら

きっと 一人一人のハートはもっと大きくなるはず。


2012.9.26.27.28 ホーチミンまとめ



いつも オープンコメント&非公開拍手コメントありがとうございます^^


       
        にほんブログ村



可愛いボンちゃんのブログ  うちのボン もよろしくね  


    ボンちゃんも見てくだしゃいね     






拍手[16回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ホンダ
バイクのことホンダというそうですが
最近 安い中国製が幅を利かすようになったのですが
調子が悪く 変だ 
「ヘンダ」 というのですよ と
ガイドさんが 日本人のわれわれに リップサービスをしてくれました。
Posted by nasu_to_mato 2015.05.25 Mon 08:52 編集
無題
「harts and mind」 「Winter soldier」
たぶん4-5年まえくらいに映画館で上映していたかな? この2本の映画は、ベトナム帰還兵による証言のドキュメンタリー映画です。
もしまだ観られていないなら、ぜひ!

ベトナム人や東洋人は人間以下で、奴隷以下で・・動くものは撃ち殺していい
そんな米軍の洗脳?教育で、戦中はモンスターとなった彼ら
生々しいです。
この写真のように、現地人を救うような行為はめずらしかったのではないかな。
国際的な広報用とか。
そぎ落とした耳の数で仲間と競い、勲章をもらい、ヘリから捕虜を投げて、誰が一番遠くに投げ落とせるか競うゲームをしていたそうです。

人間は、こうもなれるのか・・と、恐ろしくなりますね


Posted by クッキー 2015.05.26 Tue 07:06 編集
無題
あ、ついつい前記事についてのコメントと同じようなこと書いてしまいましたね! すみません 笑
映画の印象が強烈だったので 
スルーしてください 笑

Posted by クッキー 2015.05.26 Tue 07:13 編集
プロフィール
HN:
にゃうわん
性別:
非公開
応援よろしくお願いします
つぶやき
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
バーコード
最新CM
[12/06 Thinh]
[10/09 Sabimama]
[08/05 Sabimama]
[06/02 Sabimama]
[04/10 Sabimama]
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]